Tourism

郡上の阿弥陀ヶ滝。流しそうめんの発祥地と夏でも激寒レベルの気温で避暑するよ!

阿弥陀ヶ滝 郡上市

郡上市 流しそうめんの発祥ってマジ?阿弥陀ヶ滝荘

岐阜の夏の暑さは既に日本屈指のレベルといっても過言ではなくなっています。りんずです。

こんばんわぁ>ω<

しかし、涼しい場所というのはやはりあるところにありまして、中でも人気なのは郡上市の白鳥町前谷にある「阿弥陀ヶ滝」ですね~。石徹白に行く檜峠の途中にあり、夏は阿弥陀ヶ滝、冬はウィングヒルズと県内外からお客さんがたくさん訪れます。

ちなみに石徹白はスノーウェーブパーク白鳥高原&白鳥高原カントリークラブがあり、こちらも穴場的?人気なんです。

今回は、夏の暑さに対する逃避のため、阿弥陀ヶ滝に行きました。阿弥陀ヶ滝といえば流しそうめん発祥の地と言われています。ホントかよ!


夏シーズンは激混み!阿弥陀ヶ滝ってどんなとこ?

阿弥陀ヶ滝

夏シーズンはたくさんの人が訪れる阿弥陀ヶ滝。休日はかなりの混雑で地元民は逆に近づかないぞ!と言われるとか言われないとかですが、いったいどんな場所と言うと・・

日本の滝100選 岐阜県名水50選の阿弥陀ヶ滝は落差約60m、東海一の名瀑。滝壺のすぐ近くまで遊歩道があります。名前の由来は、室町時代天文年間に、白山中宮長瀧寺の僧が、護摩修行中に阿弥陀如来が現れたことからその名がついたといわれています。葛飾北斎が浮世絵「諸国瀧廻り」で描いているのは有名です。

引用:郡上満喫

東海地域で実は落差60メートルの名瀑として有名。自然の景観がすごくきれいでおススメ!四季折々で見どころいっぱいです。

とくに夏~秋頃は素敵なんです。冬は凍り付いた滝の写真を撮る人がいるそうですが、滝壺に行くまでのガチな装備が必要になります。雪深いので駐車場きっと閉鎖しているかと。

 

夏シーズンにたくさんの人が訪れる理由のひとつとして、阿弥陀ヶ滝は滝壺すぐそばまで徒歩で行くことが出来ます。滝壺に近づくにつれて、真夏とは思えないほどの涼しさになります。いやむしろ半袖の格好だと寒いです。水飛沫めっちゃ飛んできます。傘あってもいいくらい。

滝壺の少し手前、「阿弥陀ヶ滝」の看板あたりが気温的にちょうどよいくらいなのかな、と思われます。

渓流の水は冷たく、とても気持ちがいいです。水面をよく見るとオタマジャクシや小魚の姿も見ることができます。岩の表面にはカワトンボ、イトトンボも多く見られますね~

 

そして、駐車場~阿弥陀ヶ滝までの間に流しそうめんやタイ料理のお店があります。

タイ料理店はお休みでしたが、流しそうめんは既に営業をしていました。今回は平日だったのでとくに混雑もなく、まったりとした雰囲気でした。

 

流しそうめん 阿弥陀ヶ滝荘に行ってみた。

阿弥陀ヶ滝荘 流しそうめん

時々ローカルのテレビ番組でも紹介される、阿弥陀ヶ滝荘に行ってきました。自然いっぱいの中で食べる流しそうめんは絶品!という人気スポットであり、そうめんばかりではなく、イワナの塩焼きとかお団子なども頂けます。

元祖・流しそうめん発祥の地と謳われ、地元民としては昔から知っている場所だけに意外にすげぇ!と思うもんです。流しそうめんって全国にあるかと思われますが、ここから広まったのかね!と考えるとなんだか感慨深いものがあります。

 

今回、かなり久々に来たもんですが、たしか前に来た時はお店の人が先代の時だった気がします。

というか、当代は中学の頃からの友人がやってるもんだから、久々!って10数年ぶりくらいに会いましたよー!懐かしかった!また遊びに行くわ!

阿弥陀ヶ滝荘 流しそうめん

なんか、小さい頃に連れてってもらった時はすごいとんでもない印象だったんだけど、現在はきれいでおしゃれ感も出てる!

電球のところに鹿の角があしらってあるのが面白いですね!流しそうめんの水路も趣きがあって街の人中心に好評かと。

阿弥陀ヶ滝荘 流しそうめん

今年2020年は新型コロナウィルスの関係でどう営業するのかはわからんけど、そろそろ本格的に始まってるかも。

友人の話では、対策したうえでのルールで営業していくとのことでした。

 

ってことで、今回は流しそうめんを食べたわけではなく、お団子(炭火焼だんご 300円)を頂いたんですね!しかもランチ後だったのでちょっとしか食べられなかったんですが、五平餅のような味噌味で、炭火焼の香ばしさでめっちゃ美味しかったし、もう1個くらいいけたな!と思いました。

すっかり画像を撮り忘れていたのですが、また今度の機会に写真もらってこようかと思います。

 

阿弥陀ヶ滝

阿弥陀ヶ滝 郡上市

阿弥陀ヶ滝

  • 所在地:郡上市白鳥町前谷
  • 電話:0575-82-5900(白鳥観光協会)
  • 駐車場:道沿いに有料であります。ちょっと狭め。奥に行って満車だと戻るのにツライので注意。

 

阿弥陀ヶ滝荘

  • 所在地:郡上市白鳥町前谷境棚1106-1-2
  • 電話:0575-85-2738
  • 営業時間:10:00~17:00(LO16:30)
  • 定休日:5/1~9月末無休 10月中旬までは不定休

 

 

阿弥陀ヶ滝の入り口はここからです。道の途中に有料駐車場があり、いちばん奥は無料という形になっていますが、満車だと切り返しがとても難しくなります。シーズン中はお客さんも下から歩いて来るので、手前の有料で停めておいたほうが無難な場合もあります。

オフシーズンは奥の無料も空いていることが多いかと思われます。