岐阜圏域

パティスリークラのプレオープン、9月18日に開催。メニューはどんな感じだった?

パティスリークラ プレオープン

パティスリークラのプレオープンに行ってきたよって話。

前回のブログ記事で話題にした、岐阜市の則武にある「パティスリークラ」(Princess Branche Pâtisserie KURA)がプレオープンってことで行ってきました。りんずです。

こんばんわぁ>ω<

パティスリークラ 緑水庵
緑水庵の洋菓子店、パティスリー「Kura」のプレオープンに行ける・・らしいのだが。パティスリークラのプレオープンが・・ 緑水庵グループの洋菓子店「パティスリー クラ」 クラムチャウダーのメニューが個性的として有...

ぎふチャンのラジオ番組プレゼントで見事当選!ということで、3部制の各10組20名(だったはず)の意外に狭き門だった模様。

9月末くらいにグランドオープンするパティスリークラ、一足早く見てきました。アフタヌーンティーの体験も紹介しております。

 

お店の様子はこんな感じ。

パティスリークラ 緑水庵

前回通った時はこんな様子。

 

パティスリークラ プレオープン

今回はお店の駐車場に停めています。

パティスリークラ プレオープン

お店の外からうっすら店内が見えたのですが、すでにティーカップやお皿の準備がテーブルの上にしてあります。

パティスリークラ プレオープン

店内も白基調で明るい雰囲気の中、テーブル、食器も白系で統一。

 

店内の雰囲気は・・

パティスリークラ プレオープン

店内に入ります。今回プレオープンということで3部制10組20名。10テーブル用意されていました。くじ引きでテーブル指定。

パティスリークラ プレオープン

今回はお店の正面が見える、2人で並んで座るテーブル席。ほかにも様々な席があったのですが、グランドオープンの際はまた配置が変わるかもしれないという話を聞きました。

パティスリークラ プレオープン

パティスリークラは緑水庵の系列なのですが、スイーツ、ケーキなどの洋菓子を専門としています。店内の雰囲気は緑水庵のお店で見るようなことはなく、完全に別モノという印象すら持ちます。

 

パティスリークラは、緑水庵の経営者の息子さんのお店ということで、店名も名前からとっているんだそうです。

そういえば、緑水庵経営を父上と呼ぶご当地キャラがいたんですが・・

麒麟がくる 岐阜大河ドラマ館 ひあゆ丸 ひあゆ丸

ひあゆ丸。緑水庵で販売される「飛あゆ」をモチーフにするご当地キャラクター。よく工場直売のお菓子の日や長良川関連のイベントに登場しています。

そんなひあゆ丸、緑水庵の経営を父上ーって言ってるんですが、じゃあパティスリークラのオーナーさんは兄弟ってことか!と凄まじく質問してみたかったのですが、今回残念ながらひあゆ丸はパティスリークラに来店していなかった模様なので、次回会った時に聞いてみたいと考えております。

 

アフタヌーンティーのメニュー

そもそもアフタヌーンティーは、19世紀イギリスの貴族たちの「つまみ食い」から始まった習慣と言われています。
当初は小腹が空いた時間にパンやお茶を飲みながら仲間たち同士で話し合っていたようです。

その後、高級なティーセットを使うようになり、社交パーティーなどで出されるようになったことからマナーが生まれたとされています。

引用:サンテール渋谷

 

パティスリークラ プレオープン

テーブルに座ってしばらく待つ・・。

アフタヌーンティーと言えばケーキスタンド。

こんな感じの3段スタンドに様々なメニューが乗せられています。映える!めちゃ映えますねー!

パティスリークラ プレオープン パティスリークラ プレオープン

アフタヌーンティーメニュー:

  • プリンセスフランボワーズムース
  • ギモーヴライチ
  • モンブランショートケーキ
  • サブレ・フロマージュ
  • ぶどうのゼリー
  • プレーンスコーン
  • クロテッドクリーム/自家製いちじくジャム
  • キュウカンバーサンド
  • ハニーキャロットサンド
  • 2色のパプリカとひるがの大根のローズマリーピクルス

下段からいただいていくということで、サラダ系サンドイッチやパプリカなどをいただいていきます。

ところで、メニュー表にちらほらと聞きなれない名前のメニューが出ています。個人的に気になったものを紹介していきます。

 

  • キュウカンバーサンド

Cucumber=きゅうり

ということで、英語読みでキュウカンバー。あまりきゅうりを英語で聞きなれない印象があります。きゅうりのサンドイッチでした。細かく切り刻まれたきゅうりがサンドされています。ふわりとしたきゅうりの風味がサンドイッチで楽しめます。

 

  • クロテッドクリーム

クロテッドクリーム(英: clotted cream、コーンウォール語: dehen molys)はイギリスの乳製品。全乳を蒸気や水浴で間接的に加熱し、浅い鍋に入れてゆっくりと冷やした濃厚なクリームである。クリームを作る際に、クリームの成分が表面に上昇して塊を形成するのがその名の由来となっている

引用:Wikipedia

今回、スコーンにいちじくのジャムと一緒にいただきました。普段なんとなく食べるスコーンもクロテッドクリームといちじくのジャムでなんだか高級感のある上品なスイーツに変化した!という印象がありました。美味しかったですね!

 

  • ギモーヴライチ

マシュマロと酷似しているギモーヴ。

材料として、卵白を使わないのがギモーヴ。手でつかむと崩れそうなほど柔らかい繊細なお菓子。材料の多年草「ウスベニタチアオイ」の英名が「Marsh Mallow」と言われています。

パティスリークラ プレオープン

そして、様々な種類のベリーが入っているベリーティーをいただきました。

ガラス容器に火を入れて保温しながら少しずつ嗜みます。そのままでは若干酸っぱさを感じる場合もあるので、お好みでシロップを入れるのがおススメ。

はじめはそのまま頂き、ベリーの酸味を味わいます。スイーツの甘さにちょうど合うのでよかったのですが、最後のほうにシロップを入れてみました。入れる前よりまろやかになって飲みやすかったと感じました。

パティスリークラ プレオープン
りんず
りんず
職場で育ててるラズベリーもこんな酸味がした・・。

 

帰る際にケーキ買ってみたー

パティスリークラ プレオープン

モンブランのショートケーキ、かなり濃厚でおいしさを感じたのですが、帰りにショーケースに何種類かケーキ、棚にも商品が置かれてあったので見に行ってみたんですね。

パティスリークラ プレオープン

ケーキスタンドにも飾られてあった「おちょぼ口ゼリー」。名脇役な役目でしたが、こうやって見るととてもカラフルできれいですねー!おみやげにも喜ばれそうです。

パティスリークラ プレオープン

 

パティスリークラ プレオープン

今回、梨のショートケーキ、そしてガトーショコラを購入。プレオープンということもあってか、今回は種類がそこまで多くなく、他はシュークリーム、プリン、アフタヌーンティーとおそらく同じモンブランでした。

グランドオープンにはもっとたくさんの種類がショーケースを飾っていくのではないかなーと思います。

梨のショートケーキ、他ではなかなか見られない様子のケーキですね~。梨のみずみずしさがアクセントとなったショートケーキ。これはなかなか新鮮な感じ。

ガトーショコラもがっつりとチョコレートと上部のホイップクリームの甘さが疲れた身体にパワーを与えそう。そしてコーヒーめっちゃ飲みたい。となってきます。

 

今回、オーナーの蔵さんとも少しお話して、クリスマスケーキももう予約できるーって話もありました。

梨ショートやガトーショコラを食べてみて、個人的に今年のクリスマスケーキはパティスリークラも候補にがっつりリストアップする模様。たのしみね!

グランドオープンにもまた遊びに行ってみたいと思います。ありがとうございました。

 

パティスリークラ(Princess Branche Pâtisserie KURA)

Princess Branche Pâtisserie KURA:

パティスリークラ プレオープン

ちょっとなんだか懐かしい感じのお菓子あったー!どこで食べたっけコレ・・ってなったんだけどね。

グランドオープンの際に改めて買ってみようかな・・。

 

そして、今回プレオープンだったので招待者だけの来店だったんだけど、駐車場に停車している車の様子を見てか、時々人が様子を見に来ることも。それだけパティスリークラは注目されているということかもしれませんね~。

グランドオープン後、またブログ記事にできれば、と考えております。おたのしみにー。