• Event
  • 岐阜各地のイベント情報、レポート
  • HOME
  • ブログ
  • Event
  • 鮎菓子たべよー博2019 鮎菓子食べ放題カフェのレポート。いつも完売する大人気カフェの内部に迫ってみた!
鮎菓子たべよー博2019 食べ放題カフェ

鮎菓子たべよー博2019 鮎菓子食べ放題カフェのレポート。いつも完売する大人気カフェの内部に迫ってみた!

鮎菓子たべよー博2019 鮎菓子食べ放題カフェを体験してきた!

岐阜市の岐阜商工会議所で行われた、「鮎菓子たべよー博2019」に行ってきました。

個人的には徒歩で行ける距離だったので、開場の時間に合わせて歩いて行ったのですが、もう行列が出来ていていました。鮎菓子たべよー博も数年前のプレイベントからだいたい行ってるんですが、岐阜市の銘菓「鮎菓子」でここまで支持されると嬉しいものですね~。

今回は、鮎菓子たべよー博に来場する方はだいたい気になるであろう、「鮎菓子食べ放題カフェ」に行ってきました。

チケット制なんですが、毎回完売御礼!の大人気食べ放題カフェ、どんな感じだったでしょうか。

鮎菓子食べ放題カフェとは

鮎菓子たべよー博2019 食べ放題カフェ

岐阜の銘菓「鮎菓子」を食べ放題で楽しめるカフェ。

事前販売制のチケットが必要で、毎回売り切れになるといわれる大人気の企画。当日販売は無し。1名500円。

25種類の鮎菓子を楽しめるほか、飲み物もフリードリンクになっています。

時間帯は40分間、開始10分前からの入場。全5回で各回60名制限の300名限定となっております。

 

鮎菓子たべよー博 鮎菓子食べ放題カフェ

鮎菓子たべよー博2019 食べ放題カフェ

鮎菓子食べ放題カフェは開始前から既に行列。しかし、この行列はカフェのチケットを持っている人だけ。

鮎菓子たべよー博2019 食べ放題カフェ

座席は自由席になっているので、好きなテーブルに座りたい場合は早く並んでおくとよさそう。とはいえ、席に当たりハズレはあまり感じられません。

スタッフさんにカフェの説明を受けながら開始時間までテーブルで数分ほど待機のあと、鮎菓子食べ放題カフェ開始。

初めはやはり鮎菓子のある場所に人が集まるので少しタイミングをずらしてドリンクを取りに行きつつ、鮎菓子を見に行く感じです。鮎菓子が無くなってもその都度補充されるので品切れは無いようです。

鮎菓子たべよー博2019 食べ放題カフェ

鮎菓子食べ放題カフェのドリンクは、ホットコーヒー、ホットティーからソフトドリンク各種揃えてあり、色々楽しめることが出来ます。

個人的に鮎菓子はホットコーヒーが合うかなーと思いました。もっちもちする鮎菓子の食感にホットコーヒーを流し込むことでまろやかな風味に変わる・・気がします。

 

しかし、鮎菓子意外に重い・・!

鮎菓子たべよー博2019 食べ放題カフェ

全25種類のお菓子メーカーによる鮎菓子が並んでいる姿はなかなか壮観であり、各1個ずつ持っていって食べ比べしたいねー!とか思っていたんですが、普段鮎菓子を食べるときってだいたい1個~2個であり、半分に切ってあるとはいえ全25種類の鮎菓子ということは1個と数えて12個半を食べることとなります。

いや普通に食えんやん!と思ったんですが、意外に他の人は全種類持っていくんですね!

鮎菓子たべよー博2019 食べ放題カフェ

ちなみに個人的に紙皿に5個乗せて3往復くらいした感じでした。鮎菓子によっては大きさも異なり、大きめの鮎菓子はかなりお腹に来るもんがあったんですね!そして、食べ続けているともうどれ食べても同じやな・・・という気分に。

その中でも時々いちご味の鮎菓子や抹茶味の鮎菓子などを挟むと少し気分転換になりますが、やはりそれでもお腹に来るもんは変わりませんでしたね~。

ということで、身体がギブアップを求めだしてきたので全種類を持ってくることなく終了!ついでに40分という時間も意外に早く感じられタイムアップを迎えることに。

もしいきなり全25種類を持ってきたらもしかしたら食べきれなかったかもしれませんね~。朝ごはんしっかり食べてきたことも起因するものがあるのかもなので、朝抜きか、少しだけという対策をしたほうがよかったかもでした。

 

鮎菓子食べ放題カフェ まとめ

鮎菓子たべよー博2019 食べ放題カフェ

40分間の鮎菓子食べ放題カフェが終了。鮎菓子侮れないほどまんぷくになります。

鮎菓子の生地や求肥はだいたい同じ見た目なんですが、食べ比べてみると意外に食感などが違っていたりします。

大きさや生地の薄さなども異なっていて、1匹ぶんでかなりがっつり食べられるものもあれば、1個自体が小さめで何個でも食べられるようなものもありました。

おなかがいっぱいになってくると、もう何食べてもあんまり変わらん・・・という印象は否めなかったんですが、総じて美味しく頂くことが出来ました。ドリンクも色々楽しめたので、思いのほか飽きが来るのは終盤くらいかも、といった印象です。

チケット代500円は、鮎菓子やドリンク代を考えると破格であり、こういった部分からも大人気のカフェということが伺えます。

 

おそらく来年2020年も鮎菓子たべよー博は開催されるかと思われるので、機会があればまた参加したいかな、と考えております。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。