• Event
  • 岐阜各地のイベント情報、レポート

白川郷ライトアップ2019 参加ルールの大幅変更まとめ

白川郷ライトアップ2019 ルールが大幅に変更しているらしい・・

白川村の荻町集落で冬のライトアップが開催されました。毎年たくさんの観光客が訪れ、夜の極寒の中ライトアップを観賞したり、写真を撮ったり、様々な楽しみ方をしている様子がメディアを通して伝わってきます。

個人的にも数年前から行ける時に白川郷ライトアップを見に行って写真を撮っていましたが、臨時駐車場に駐車とか、シャトルバスだとか、たくさんの観光客、近年は外国からの観光客が大幅に増え、白川郷ライトアップのスタッフも若干捌き切れていない印象でした。

臨時駐車場へのシャトルバスも最終便が終わってもまだたくさんの観光客が集落内に残っていたこともありました。

そのような事態があったことも鑑みてか、2019年からの白川郷ライトアップは全体の流れ、ルールが大幅に変更になったそうです。

 

白川郷ライトアップ参加のルール改正とは

数年の間、白川郷内でライトアップを見に行きましたが、年々人が増えていってる印象でした。行きも帰りも臨時駐車場のシャトルバスも大行列、なかなか前に進まなく、これはちょっとダメなやつ・・・と思いました。

個人的には外国人観光客、とくに中国系のマナーに対することが目に付く感じでした。

2019年のライトアップからは、入場制限などのルールを改正するということで今季も1月14日から全6回のスケジュールで開催されています。

当日村内に宿泊

白川郷で宿泊される方は参加することが出来ます。

しかし、今回のライトアップ開催日の申し込み期限は終了、二次募集も予定していないそうです。そういえば、白川郷の道の駅近くに大きめな宿泊施設を建設してたはずなので、来年度から対象内になるのかな。

 

日帰りで駐車場を利用(予約制)

個人的にいちばん変更したな!と思う駐車場関係。そりゃ臨時駐車場もあれだけ満車でシャトルバスも日本語が聴こえてこないレベルだからしょうがないよね!と思うんだが、当時500円だった駐車場代金がまさかの3000円~5000円とは・・・。

もう生半可な気持ちで見に行けない・・・

当ページは、1月20日(日)に岐阜県・白川郷にて行われる
白川郷ライトアップ2019の日帰り駐車場チケット販売ページです。
*日程によって購入ページが異なりますのでご注意ください。>
注意事項
・各種チケットを申し込みされる前に、当ページを下まで必ずお読みください。
・イベント当日は本人確認のため、身分証明証をご提示いただく場合がございます。
・応募時のお名前と身分証明書の氏名が一致しない場合はご入場いただけない場合がございます。

<チケット詳細と説明>
当ページで販売しているチケット

・1月20日(日) 日帰り駐車場許可証 + 展望台チケット→完売しました
・1月20日(日) 日帰り駐車場許可証2台以上でのご参加希望の場合には、各車両代表者1名がそれぞれお申し込みください。
日帰り駐車場:Aタイプ(1 – 8名) 3,000円 / Bタイプ(9 – 12名) 5,000円
展望台チケット: 1,000円 / 人

引用:Peatix(1/20(日)白川郷ライトアップ:日帰り駐車場予約ページ)

ツアーバスの参加

クラブツーリズムの東京発、名古屋発、関西発でツアーバスが出ているようです。



白川郷内を散策していると、クラブツーリズムのバッジを付けた観光客の方をよく見かけますね~。

許可証がないバスでは行くことが出来ない、希少価値のあるツアーと表記されています。と書かれています。たしかにレア度は激しくアップしました。

 

公共バスでの参加

高山駅、高岡駅&新高岡駅、富山駅からの公共バスで参加できるそうです。

高速道路を利用することもあり、旅行代金は設定高めになっている印象もありますが、バス代、お弁当代、有料の施設入場料代、旅行傷害保険代などが含まれています。バス会社によって若干価格や内容に違いがあるようです。

 

白川郷ライトアップの参加はかなりハードルが上がった印象

個人的には、かなりの入場制限だとか、駐車場の予約の手間や代金もかなりなものになったな~という印象ではあるのですが、それでもバスツアーなどの予約状況はほぼ埋まってるようで、凄まじい人気がうかがえます。

第1回目のライトアップはかなり雪が少なかった模様で、合掌造りの屋根もあまり雪がかぶっていなかったみたいです。

それでも天気もよく、とてもきれいな風景が映し出されていました。(と、テレビで観た)

自分のおススメな時間帯としては、やはり17時半~18時くらいの空が暗い青色となったあたりのライトアップ開始の時間だと思います。ほんの30分前後のレアな空色とライトアップのコラボは実際に見ていただきたいくらいのすばらしさです。

 

白川郷のライトアップは大幅なルール変更があり、参加条件も厳しくなりました。

富山県になりますが、五箇山の菅沼、相倉の合掌造りライトアップも開催されます。こちらもかなりの観光客が見られますが、もしかしたら白川郷よりは参加条件も難しくないのでは、と思います。もう長いこと見に行っていないのでなんともいえないところではありますが・・

 

白川郷ライトアップ2019 スケジュール

  • 第1回 1月14日(月) 17:30~19:30
  • 第2回 1月20日(日) 17:30~19:30
  • 第3回 1月27日(日) 17:30~19:30
  • 第4回 2月3日(日) 17:30~19:30
  • 第5回 2月11日(月) 17:30~19:30
  • 第6回 2月17日(日) 17:30~19:30

主に日曜日、そして祝日の月曜開催ということで、土日休みの人にとっては翌日有休を取るなどしていかないとツライという日程になってます。

以前は土日というスケジュールもありましたが、ここ最近は完全に週1になってしまいました。参加者を絞らざるを得ない状況というのが垣間見える気がしますね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。