• Go out
  • 観光地以外のちょっとしたお出かけなど

中部ブロック「道の駅」スタンプラリーが大人気!その理由とは。

中部ブロック「道の駅」スタンプラリーをコンプしてみた!

2018年7月21日~10月31日の間に開催されている、道の駅スタンプラリー。岐阜県は中部ブロックということで、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県の南信地域で行われています。

「道の駅」のスタンプを集め、特産品や特別商品を当てよう!

ほぼ毎年道の駅スタンプラリーをやってはいるのですが、意外に当たらんね!と思いますが、この道の駅スタンプラリー、実は人気が高いようです。

スタンプは12個集めて応募できます。

 

「道の駅」スタンプラリーの人気が高い理由

なぜ、道の駅スタンプラリーの人気が高いのかの理由がいくつかあります。

  • 季節・時期がよい

道の駅スタンプラリーは7月21日~10月31日の期間です。今年2018年は記録的猛暑で岐阜県内なんて40℃を超える暑さもありましたが、9月くらいになってくるとだいぶ涼しくなってきます。とはいえ暑い日もありますが、だいぶお出かけしやすくなりました。

秋頃になると、紅葉の季節も到来。ドライブがかなり楽しくなると思います。道の駅は比較的郊外に多く、休憩する、少し立ち寄るには最適の場所です。そこで地域の情報を見るついでにスタンプラリーでもしようかな、という気になると思います。

 

  • 抽選でもらえる道の駅特産品がけっこう豪華

道の駅特産品や特別商品が当たる!ということですが、侮れない豪華な景品が当たることもあるようです。

ポスターによると、道の駅旅案内全国地図やアサヒ十六茶、iPad miniも当たるとか!これは特別賞品だと思われます。

スタンプラリーは基本的に無料で参加できるので、賞品狙いもありかもしれません。

 

  • 道の駅めぐりドライブってのもあり

道の駅はどちらかというと目的地までの中継地点のような役割というイメージなのですが、目的地を道の駅にして、ドライブコースの中に組み込む方も多いようです。1日のドライブで数カ所の道の駅に行く。という感じです。

似たようなもので、高速道路のSAPAめぐりというものがありますが、これも最近人気となっていますね。施設が充実したSAPAも多くなりました。無論、道の駅も現在ではお手洗いと情報館だけではなく、レストランや公園、温泉施設なども増えてきました。

岐阜県においての道の駅めぐり攻略

西濃地区

今回は、池田町の道の駅に行ってきました。

岐阜県は大雑把にわけて岐阜地区、中濃、西濃、東濃、飛騨とあります。もっと細かく分けるときりがないのですが、まずこの大雑把に分けてどの地区の道の駅を巡るか考えます。今回は池田町からなので西濃の道の駅を考えます。

最近では大野町にバレットピアおおのもオープンし、スタンプを押せる箇所がひとつ増えました。

池田町の道の駅といえば、池田温泉。足湯に浸かりながらどうしよねーと考えます。

今回スタンプラリーを押した西濃地区の道の駅は・・

  • 池田温泉
  • 織部の里もとす
  • 富有柿の里いとぬき
  • パレットピアおおの
  • 夢さんさん谷汲

西濃地区は池田町を皮切りに、別の日に本巣~谷汲を回って計5カ所。

 

中濃地区

一度、郡上に戻ったのでついでと思って道の駅寄ってきました。

郡上市内は八幡町を除くほぼすべての地域に道の駅が設置されております。白鳥町においては3カ所ほどあります。

  • 清流の里白鳥
  • 白鳥(白山文化の里・長滝 あゆパーク)
  • 白尾ふれあいパーク
  • 大日岳
  • 古今伝授の里やまと
  • 美濃にわか茶屋
  • むげ川

今回中濃地区の道の駅はほとんどが国道156号線沿いでまかなえます。

 

まとめ

岐阜県は道の駅の数がとても多く、全国でも2位と言われています。ちなみに1位は北海道です。

道の駅スタンプラリー、岐阜県内ではかなり集めやすい県だと思われます。

スタンプだけじゃなく、その道の駅周辺の地域の情報、見どころ、グルメなどたくさんの魅力が溢れています。

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

ちなみに、個人的に好きな道の駅は静岡県の伊東市にある伊東マリンタウンなんですが(・ω・)

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。