• Tourism
  • 岐阜といえばここ!という観光地などの紹介

雲がかかる郡上八幡城、天空の城視点からの撮影をする 2017年版

天空の城、郡上八幡城を再び天空視点からの撮影をする!

天空の城として人気が高い郡上八幡城、季節や気候、時間帯によって雲がかかっている郡上八幡城の撮影が出来るのか!ということで、今回は雨上がりで山に雲がかかっているタイミングを狙って郡上八幡城へ向かいました。

りんずです。

こんばんわぁ>ω<

天空の城視点で郡上八幡城の写真を撮るには、八幡城へ向かったらアウトです!

前回の郡上八幡城の撮影はこんな感じでした。↓

 

天空の城撮影に成功したのか!

今回、八幡のまわりを囲む山々に厚そうな雲がかかり、これはチャンスか!と狙いに行ってみる。

結果はこんな感じになった!(左右の←→で画像変わります)

雲がかかっているかといえば、若干惜しい!と思うんですが、そこそこ雰囲気は出てるかも。

昨年に撮った郡上八幡城は雲がほとんどなく、天空の城的な雰囲気はあまり出せなかったんですが、それよりはマシかな~といった感じですね。

作品として出すには全然ダメだ思うのですが、雰囲気だけでも・・。

 

ちなみに以前はこのような感じ。

EOS 8000D 18-135mmレンズ 135mmズームで撮影。

 

撮影場所である、堀越峠はここ最近まで工事をして通れなかったのですが、もしかして工事のついでに展望台みたいな感じで撮影場所を作ったのではないか、と勝手に思っていたんですが・・・

 

全然変わってねぇ!( ゚д゚ )

 

ということで、天空の城撮影を行うときに車を停める際は出来るだけ寄せて道を塞がないようにするとよいでしょう。

ゆるめのカーブで若干広く取ってあるので、車を停められないわけではないんですが、本来停める場所ではないので、車の通りが多い時間帯などは避け、撮影したら速やかに移動するとよいと思います。

 

堀越峠(国道256号線)

 

マップで見る通り、かなりきついカーブ多いです。標高も急激に上がり、時々垣間見える八幡城もどんどん見下ろす形になってきます。

道幅も狭いので、対向車がセンターラインを外す可能性もあるので、運転、事故防止にじゅうぶん気を付けてくださいね!

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。