• Tourism
  • 岐阜といえばここ!という観光地などの紹介

ダイナランドのゆり園 郡上の夏の観光として大人気でした!

郡上市 ダイナランドのゆり園

ダイナランドのゆり園の無料券を頂いたので、それは早速行きますね!ということでダイナランドのゆり園行ってきましたよ!りんずです。

こんばんわぁ>ω<

ダイナランドのゆり園は西日本側では最大級の規模を誇るという話。岐阜県って西日本の括りなんですかねーと思うんですが、東京あたりでしゃべると関西弁に間違えられることがあったので、西日本扱いになるんですかね、とちょっと納得してみないこともない。

と、そんな西日本エリア最大級と言われるんですが、7月中旬のゆり園の開花状況は、まぁそこそこって感じ。遅咲きのゆりはまだつぼみでした。

 

ダイナランドのゆり園のようす

ダイナランドのゆり園はスキー場を夏の間利用するので、とても勾配が大変なことになってます。歩いて登ろうとすると非常に疲れます。登山できる体力が必要になります。

ということで、リフトかトレインを利用するといいのですが、入場料を無料に出来たけどさすがにここまで無料にできず。

500円でチケットを購入、今回はリフトに乗りました。

いや、楽しいですね!足がぶらんぶらん。横に乗った嫁氏は終始びびりまくり。そんな高くねぇじゃん!

最初、自分はリフト、嫁氏はトレインで上を目指す予定でしたが、トレインの運転するおっちゃんが、リフトのほうが気持ちいいでな!となぜかトレインの運転手なのにリフトを推しまくり!なんでやねん!

リフトの降りる場所とトレインの到着場所が異なるため、いっしょに行くなら同じのを利用するとよく、見晴らしの面でリフトをおススメしたと思いますが、高いところが苦手な嫁氏、おっちゃんにやられたー!とか言ってて、半分以上目を閉じてた様子。もったいねぇ!

こんな感じで一面に咲くゆりを眺めることができました。

 

到着して、カフェテラスのあるあたりの風景。相変わらず眺めがいいですねー!今年はちょっと曇りがちだったんですが、風もちょっと涼しめで、日が射さなければ快適な気温でした。今年はくっそ暑いという話なので、ぜひ高鷲~ひるがの方面は避暑におススメしたいですねー!

 

行きはリフトだったけど、帰りは歩きで写真を撮りながら下りていきます。

途中、下りのトレインが通ります。小さな子どもさんがトレインに向かって手を振ってたのが微笑ましかったですね~

 

ゆり園のガイドマップにスタンプラリー台紙がついてて、全3ヶ所のスタンプで飛騨牛だとかひるがの高原の名産品だとかが当たるってのがやってまして、レストラン、噴水、そしてリフトから歩いて下りる途中に教会の鐘みたいな所。

飛騨牛当たるといいね!

さまざまなカラーのゆり

 

 

 

ダイナランドのゆり園、だいたい見ごろといえばそうなんですが、リフトを降りた上部のあたりはまだまだ、でした。中腹~下部部分はきれいでした。

7月下旬~8月頭くらいがちょうどいいくらいでしょうかね。

 

ダイナランドゆり園

スタンプラリーのためにレストランあたりを歩いてたら、昔からの友人が働いてて、うおおおお!お前は鷲(鷲ヶ岳スキー場)におるんでないんかい!とか言ってまさかの再会?みたいなことがあって盛り上がる。家は近所なんだけどなかなか会う機会も無いんだよねぇ。

と、ちょっとしたこともあって、かなり楽しかったですね~

天気がいいと、更に絶景感があるんですが、それだと暑いんですねー。

前回の記事の写真は天気がよく、夏の雲もすごく夏感を出してます。↓

 

http://www.dynaland.co.jp/yuri/

 

入場料

おとな 1600円

こども 700円

今年はフリーチケット(リフトやトレイン、レストランでつかえる)の500円ぶんが込みです。

前っておとな1030円でめっちゃ値上がったじゃんね!と思ったんだけど、なるほどだからか、みたいな感じ。

ダイナランドのウェブサイトで割引券がダウンロードできます。あとは道の駅などの施設などでパンフレットに付いてると思います。

 

宿泊施設

ダイナランドの入り口付近にホテル ヴィラモンサンがあります。スキーシーズンあたりはすごく繁盛しそう。

 

 



 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。