• Event
  • 岐阜各地のイベント情報、レポート

岐阜まつり・道三まつりが近づいてきていた

第45回?なのか道三まつり

4月1日、2日で岐阜まつり・道三まつりが行われます。岐阜まつりと道三まつりって聞くと、もう春やんね~と思うんですが、今年は4月の第一土日が早いので、桜まだ咲いてないんじゃ・・って感じですね。りんずです。

こんばんわぁ>ω<

道三まつりは、2017年で第45回だそうです。もうすぐ50周年!岐阜まつり(宵宮)はそれ以上なんかな。意識して数えてないからわからんけど。

 

道三まつり

岐阜市を代表するまつりのひとつで、毎年4月第一土曜日と翌日に開催されます。
斎藤道三公ゆかりの寺 常在寺 での道三公追悼式を皮切りに祭の目玉である、みこしパレードや音楽隊パレード、フリーマーケットなど多くのイベントが行なわれ毎年多くの人で賑わいます。

引用:岐阜観光コンベンション協会

 

柳ケ瀬商店街周辺はもう車通れないようになります。市役所、メディアコスモスあたりはどうだろうかな。

個人的には、若宮町の歩行者天国に行くことが多いかも。もしかして美殿町もなにかやってると思います。以前クラシックカーが通りに展示されてたことがあったけど、あれは道三まつりの時だったかうろ覚えレベルでした・・・。

ちなみに美殿町はお店が美味しいもんを出してることがあり、お財布とおなかと相談していかなければならない!

若宮町の歩行者天国。たまに爆発音が響くんですが、アレはぽんはぜ(ポン菓子)が完成する音ですかね。

ぽんはぜ、って地元民の嫁氏が言うんですがそれは岐阜弁なんかいね。

 

岐阜まつり・宵宮

土曜日の夜、市の重要有形民俗文化財に指定された4台の山車と神輿が練り込む活気溢れる祭です。山車には多くの提灯がつけられ、その提灯を前後左右に揺らしながら進む幽玄の姿と、迫力ある担ぎ手の掛け声と共に進む神輿の躍動感あふれる姿とが楽しめます。
鳥居前広場に山車が曳き揃えられると見頃を迎える境内の桜の下で人形からくりの上演があり、クライマックスには花火が上がるなど見どころいっぱいです。

引用:岐阜観光コンベンション協会

 

夜は伊奈波神社の鳥居前の広場に4台の山車が集まって、からくりの演舞などが行われたりしますが、実は山車は午前中に地区内を練り歩いて、時々からくりをやってます。俺氏も1度曳いたんだけど、かなりハードでござったわい!

 

山車、そして神輿もやってくる、そして見物客も多いってことで、伊奈波神社とんでもないことになるんだが、それでもつい行きたくなるんだな!宵宮。

最後に上がる花火は、夏に行われる花火大会を思って見ると

 

ヽ(・ω・)/ズコー

 

ってなるけどな!

 

いつも困る 駐車場は?

とりあえず、伊奈波神社近辺で駐車場持ってる家に突っ込んで

「1日1000円で停めさせてください」

ってのは果たしてアリなのか!ナシなのかが超気になるところです。

花火大会のときはとくに多いらしいけど・・・。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。