• Others
  • お取り寄せなども

ドデスカ!弁当のハンバーグステーキ弁当を食べてみた。

ドデスカ!のお弁当

メ~テレの朝の番組「ドデスカ!」がコンビニエンスストア「サークルKサンクス」と共同開発したお弁当が東海地方のサークルKとサンクスで販売されている。

 

平日の朝はなぜかいつもドデスカを視聴しているので、このお弁当のPRがどうしても目につく。

その効果は抜群なようで、ついうっかり購入してしまったわけだ!

今回買ったのは、「国産牛をまるごと使ったハンバーグステーキ弁当」タイトル長いぞ!

 

国産牛をまるごと使ったハンバーグステーキ弁当

IMG_8576_R

とりあえず、タイトル長いのであんまり書きたくないんだが、記事の文字数を稼げるのと、SEO的でキーワードに重要さが出てくるかもしれないので、頑張って打ち込むぞ!( ゚д゚ )

まぁたぶん、キーワードとして当たるのはは「ドデスカ! 弁当」くらいにしかならんうえに、限定販売なのでそこまで長くはもたんな!とも思うんだがなー

 

そして、この国産牛をまるごと使ったハンバーグステーキ弁当の値段、650円(税込)となかなかお財布に厳しい!そりゃ国産牛まるごとじゃコストも馬鹿にならんだろう。

そして、お弁当を持った瞬間、かごがけっこう重くなった感じ。重厚感はある。カロリーも674kcalと侮れない!

 

 

IMG_8578_R

ハンバーグに相当の自信があるような中身。メシとハンバーグ!あとおまけ!みたいな感じが逆にすがすがしい。

というか、いっそのこと米とハンバーグだけにしてもいいくらいなんじゃないか!とすら思うわけだが。

 

実際食べてみると、ハンバーグが相当厚い。箸で切るのもなかなか力がいる。もっとふわっとした感じかと思ったが、ぜんぜんそんなことはなかったようだ。ハンバーグはこうでなきゃいかんね!と思いつつもふわっとしたハンバーグのほうが実は好きだったりする・・。

ごはんの量も多いので、がっつり食べられるんだが、かといってケチくさくハンバーグを食べてるとごはんが足りなくなってくるので、ぜいたくにごはんとハンバーグの比率をわきまえずに食べてもよさそうだ!

 

個人的にはお昼にどん!っと食べて午後からの仕事を頑張れるようしっかりとお腹に入れておきたい。夜でもいいんだけどね。朝は言わずもがなやな。朝は重いだろうよコレ。と思うんだが、朝からカレー食える人は大丈夫そう たぶん。

 

国産牛をまるごと使ったハンバーグステーキ弁当 650円(税込)

販売期間:2015.11.30~2015.12.21

販売地域:愛知、三重、岐阜の東海三県 そして和歌山県一部

和歌山県の一部ってなんで!( ゚д゚ )

 

ほかに、愛知県産白菜と豚バラのあったかスープ鍋、ウルフィおにぎりドリア、オムライスも販売。

 

ドデスカ!弁当 ありがとうプレゼント

IMG_8580_R

購入したサークルKのお弁当コーナーにこのドデスカ!弁当ありがとうプレゼントという内容のはがきが設置されていた。

ドデスカ!弁当を1品以上を含む500円税込み以上のレシートを貼り付けて送るとなにかもらえるようだ。

 

IMG_8581_R

Aコース

名古屋マリオットアソシアホテル ランチペア食事券10,000円ぶん

Bコース

ウルフィ&ぷらクマくんぬいぐるみセット

Cコース

ウルフィマグカップ

 

Aコースのランチペア食事券10,000円ぶんとはけっこう太っ腹な!と思ったんだが、名古屋のマリオットアソシアホテルってどんなとこなんだ!

10,000円ぶんでどんだけ利用可能なんだろうか・・・。

ちょっと見たところ、ランチブッフェは大人3000円~3800円といったところだ。なかなか厳しいぞ!ぜひ当てたい。

5名ということで、非常に激戦区だと思われる。ドデスカ!の番組内でデータ放送でポイントためて商品をもらうのも、非常に競争率が高いようで、いまだにAコースの2名様に当たるものはもちろん、Bコースの商品券的なものすら当たったことはない。

まぁ、ぬいぐるみ、マグカップが当たればラッキー!ってとこだ。

ぷらクマくんのぬいぐるみがカワイイと思うんだが・・。

 

まとめ

コンビニ弁当の中では随一のスペックと値段を誇るドデスカ!弁当なんだが、やはり人気はあるようでよく売れるらしい。

販売期間もそこまで長くないので、見かけたら一度は食べてみてもいいかもしれない。

しかし、飲みものなどを含めたとしたら、1食に1,000円届く計算になってしまうので、そのへんはうまく財布と相談して決めた方がいいのかもしれない。

 

とりあえず、個人的には1度食べたので、ハンバーグ弁当はもういいだろう。ウルフィおにぎりはまだ食べてないけど、これなら何度か食べてもいけそうだ!

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。